2010年08月20日

行き方詳細

通称赤城県道(赤城山へ行くメイン道路です)を赤城方面へ向かって走ります。
赤城の大鳥居をくぐって、暫く走ると、畜産試験場と馬事公苑がある十字路に着きます。
その十字路を右折します。
大きな風車がある道の駅を通り過ぎ、右折してから走ること約5.0Km。
「大崎つりぼり」の看板がある信号を左折します。

DSCN4639.JPG
近くまで行くとこんな感じ

DSCN4640.JPG
看板は大きいので見落とすことはないでしょう。

途中、2股に分かれる道もありますが、迷ったら右の道を選びましょう。
暫く走ると、「国立赤城青年の家」からの道に出ます。
ここまでは、道は広く、道端の草もありませんから、安心して走ってください。

そこから更に上ります。ここからは、勾配がキツく道も狭くなります。

入り口には、こんな通行止めの看板もありますが、気にしないでください。

DSCN4634.JPG
場所は、通行止めの手前ですので、問題ありません。
ところで、道は結構狭いです。
大体の道幅は軽自動車でもこんな感じ。

futsuu.jpg

すり代わりは出来ないことはありませんが、草でボディーの横はズリズリ擦りますので、それがいやな人は行かないほうが良いかも。

一番狭いところで、こんな感じです。

hosoi.jpg

途中、勾配が結構キツいし、対向車が来て正面衝突!なんてことにならないように、ゆっくり走りましょう。

koubai.jpg

暫く行くと、行き止まりになります。

DSCN4612.JPG
入り口はこんな感じ。

DSCN4611.JPG

試しに行って見ましたが、完全に通行止めでした。
というか、全く直す気が無いって感じ。
おまけに野良犬もいました。やべー。

DSCN4615.JPG

まぁ、目的地はそっちじゃないんで、関係なしです。
この地点のちょっと手前が一番上りきったところで、そこから下り始めます。

300mくらい下ると、左側に小さな鳥居が目に付きます。

DSCN4617.JPG
その反対側に湧き水が出ている蛇口があります。

DSCN4621.JPG
その場所は道幅が広くなっていて、車が3台くらいは停められます。
蛇口も4つあり湧水の量も十分なので、順番待ちになることはないでしょう。
めでたしめでたし。
折角、苦労して来たのだから、沢山汲んでいってください。
尚、そこでゴミは決して捨てないでください。

DSCN4620.JPG

湧水の反対側の鳥居ですが、これは、ゴミ投棄を防ぐための策です。以前テレビで見たことがありますが、日本人の心理として神様が祭ってる場所にはゴミは捨てにくいのだとか。

鳥居の意味が書かれているブログ

ところで、湧水を汲み終わったら、素直に来た道を戻りましょう。
その先は来た道よりも狭く、軽自動車1台でも両側を草で擦るような道幅です。
posted by きょん at 12:18| Comment(16) | 行き方詳細 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湧水のビデオ

4つの蛇口?からコンコンと湧き出ています。と言うか、水の通り道になっていてそこに筒をつけたって感じ。



ペットボトルに入れるとこんな風にすぐに一杯になってしまいます。



周辺は、こんな森の中。う〜ん。空気がおいしい。




posted by きょん at 11:37| Comment(0) | 湧き水の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤城山湧き水への地図

実際に印刷して見ながら行けるように地図も作りました。

akagiwakimizu.pdf
印刷して持って行ってください。
但し、道幅は狭く、対向車とのすり代わりには、道端に生えている草でボディをスリスリします。
その点は覚悟してください。
では、お気をつけて。
posted by きょん at 11:17| Comment(0) | pdf地図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。